検索
この検索ボックスを閉じます。

NPK葉面肥料の使い方

NPK 葉面肥料は、葉の成長と植物全体の健康を促進します。庭の緑豊かな葉のためにそれらをいつどのように使用するかを学びましょう。

目次

経験豊富な庭師、農業愛好家、または植物の世話の初心者であっても、植物を育てることに常に関心を持っています。これは、周囲に美しさを加え、植物の生産性を高めるために健康な葉を育てる場合に特に当てはまります。 NPK葉面肥料 それは植物の成長と全体的な植物の健康を促進するための答えかもしれません。これらの肥料は栄養素が豊富で、葉からの栄養素の吸収を最適化することができます。この記事では、NPK 葉面肥料とは何か、その利点、いつ、どのように使用するか、最適な結果を得るにはどこに適用すればよいかについて説明します。 

NPK葉面肥料とは何ですか?

NPK葉面肥料は、 液体肥料 NPK および互換性のあるアジュバントを配合して配合されています。アジュバントは、肥料の流出を防ぐ粘着剤です。一般に、これらの肥料は植物の季節段階をサポートするために植物の葉に直接適用されます。不足を克服するため、成長を早めるため、または弱い作物を強化するために微量栄養素が必要かどうかなど、植物の要件に応じてそれらを準備できます。

NPK 土壌肥料は溶解してその効果を発揮するために水分が必要ですが、NPK 液体肥料はすぐに入手できます。これらは、あらゆる農業、飼料作物、園芸、芝生、樹木、芝生の生産に使用できます。

NPK葉面肥料には2種類あります。少量の NPK 葉面肥料は畑の作物に散布できますが、大量の散布は園芸作物に理想的であると考えられています。 

緑豊かな葉の成長に最適なNPK葉面肥料の割合は次のとおりです。 15-30-15 または 20-20-20.

NPK葉面肥料土壌の健康増進

葉面施肥が必要な条件は何ですか?

葉面施肥は、次のような条件下で植物の健全な成長を促進するのに役立ちます。

  • 乾いた土壌
  • 高/低 pH
  • 過剰な湿気
  • 低温
  • 高アルカリ性 

あなたの工場における N、P、K の役割は何ですか?

NPK葉面肥料は、窒素(N)、リン(P)、カリウム(K)の3つの主成分で構成されています。 3人はそれぞれ異なる役割を担っています。

窒素 (N): NPK 葉面肥料で最も一般的に使用される窒素肥料は尿素です。硝酸アンモニウムなどのイオン性化合物は葉が焼ける可能性がありますが、尿素などの非イオン性化合物ではその可能性ははるかに低くなります。 尿素 プリルグレード、顆粒、および完成した溶液の 3 つの形態で入手できます。プリルはサイズが小さいため、顆粒よりも早く溶解します。   

カリウム (K): 根の発育を促進することで知られ、リンは土壌肥料としてよく使用されます。葉面肥料として使用される場合、最も一般的な 2 つの形式は次のとおりです。 リン酸一アンモニウム (MAP) およびリン酸一カリウム (MKP)。 MAP と MKP には窒素が含まれており、 カリウム、それぞれ、他の形態の窒素およびカリウム肥料の必要性が減少します。

リン: リンは窒素に次いで植物の成長にとって 2 番目に重要な栄養素です。土壌肥料として使用される場合は、塩化カリウムの方が一般的です。ただし、硝酸カリウム、硫酸カリウム(カリの硫酸塩)および硝酸カリウム(カリの硝酸塩)はどちらも葉面散布剤に使用できます。 

要件に従って NPK 葉面肥料に含まれる他の栄養素には、カルシウム、マグネシウム、硫黄、モリブデン、ホウ素が含まれます。 

NPK葉面肥料の利点は何ですか?

植物は葉面肥料を土壌肥料よりも早く吸収します。その理由は次のとおりです。

より良い受精

詰まり、土壌の浸出、その他の損失により、植物は土壌に追加されたすべての栄養素を摂取できない可能性があります。しかし、葉面施肥では栄養分が直接植物に届けられます。

NPK葉面肥料の長所

耐候性を克服する

葉面肥料は、土壌温度が低く土壌肥料の効果が得られない寒い季節や春先に植物の成長を促進するために推奨されます。

栄養不足に対処する

エッセンシャルを含む葉面施肥 微量栄養素 カルシウム、銅、亜鉛、マンガン、鉄などは、根が十分な栄養を供給できない場合に植物がよく成長するのに役立ちます。

新しい葉はありません

新しい葉がない植物はリン欠乏を示します。 NPK 葉面肥料はそのような植物に最適なソリューションです。 

持続可能な実践

肥料の流出は一般的な問題であり、化学物質による農地の土壌汚染です。完全または部分的に葉面肥料に置き換えることは、環境に優しい施肥方法の促進に役立ちます。これらを少量ずつ塗布してください。  

NPKを葉面肥料として使用するにはどうすればよいですか?

NPK 葉面肥料を使用する前に、製造元の説明書をよく読んでください。それから:

溶液の準備: 顆粒またはペレットを水に溶解します。 NPK と水の比率は、それぞれ 1% と 2% です。

溶液をテストする: 混合物を適用する前に、葉焼けを防ぐために小さな領域でテストしてください。 

混合物を塗布する: 混合物を噴霧器 (ナップザック噴霧器または電動噴霧器) に入れます。次に、太陽光線がそれほど強くない夕方または早朝に植物にスプレーします。 

繰り返し: 1 ~ 2 週間後、または葉の成長を促進するために必要に応じて葉に再度スプレーします。 

NPK 葉面肥料を植物のどこに適用しますか?

液体製剤を使用している場合でも、粉末状の場合でも、NPK 肥料は植物の健全な成長を刺激することがわかっています。 NPK 葉面肥料を散布する適切な場所は、気孔を含む葉の表裏です。

葉面肥料のpHは6.2〜7.0であることに注意してください。アルカリ性ブレンドは初期の植物の成長に適していますが、酸性配合物は「生産」段階に適しています。

ヒント: NPK 液体肥料が葉の上に長く留まるようにするには、少量の殺虫剤石鹸を葉に加えます。 

葉面肥料を与える時期はどうやってわかるのでしょうか?

葉面肥料を散布する適切な時期は、植物に次の兆候や症状が現れ始めたときです。

葉面肥料を施してもよい時期

  • 葉色の変化
  • 成長の鈍化
  • 根の生育が悪い
  • 植物の成長が遅い、または阻害されている

植物用のNPK葉面肥料をどのように購入しますか?

葉面肥料の選択は、土壌の組成と植物の状態によって異なります。一般に、少量の窒素とリンを含む肥料を購入することをお勧めします。これらは必要ないかもしれませんが、NPK 葉面肥料を介して追加される他の微量栄養素の十分な吸収を保証します。 

NPK葉面肥料に関するFAQ

葉面肥料の最適な与え方は何でしょうか?

葉面肥料を散布する最良の方法は、植物の葉に直接スプレーすることです。これにより、葉の表面から栄養分を効率よく吸収できるようになります。

はい、NPK 肥料は葉面散布として散布できます。実際、葉面散布は、NPK 栄養素を植物に供給する一般的な方法です。

葉面肥料を散布するのに最適な時間帯は、天候が涼しく、太陽の強さが低い早朝または午後遅くです。こうすることで葉焼けを防ぎ、栄養素の吸収が良くなります。

はい、植物の葉にNPK肥料を噴霧できます。葉面散布は、植物の葉に栄養素を直接届ける効果的な方法です。

葉の成長には窒素(N)が最も重要な栄養素であるため、窒素含有量の高いNPK肥料が必要です。窒素の割合が高いバランスの取れた肥料 (20-10-10 など) を使用すると、青々とした葉の生育を促進できます。

結論

それは本当です NPK肥料 植物の成長を促進し、他の栄養不足を克服しますが、長期的には植物のパフォーマンスを向上させることはできません。あなたの植物は依然として堆肥やその他の土壌肥料を時々必要とするかもしれません。したがって、特にこの記事で説明する状況では、これらの重要性と有用性が損なわれることはありません。 

今すぐサポートを受ける

サポートが必要な場合は、今すぐ HANS にお問い合わせください

あなたのための最新の記事

緑の草と鮮やかな花々が太陽の光を浴び、絵のように美しい自然の風景を作り出しています。

過リン酸石灰とは何か: 庭に過リン酸石灰は必要か

過リン酸石灰が庭の健康を促進し、成長、花、根系を強化する仕組みをご覧ください。リンが枯渇した土壌に最適です。

女性が野菜とリンゴの入ったバスケットを持って、有機肥料を使って作物の収穫量を増やすことの利点を披露している。

収穫量を倍増させる最高の有機肥料

土壌を強化して収穫量を 2 倍にする最適な有機肥料を見つけましょう。持続可能なガーデニングのための堆肥、肥料、骨粉などについて学びましょう。

ボールを口にくわえて楽しそうに草むらを走るゴールデンレトリバー

芝生の肥料はペットに害を及ぼしますか?

安全でペットに優しい製品と実践に関するガイドで、有害な芝生肥料からペットを守る方法を学びましょう。

jaJapanese