検索
この検索ボックスを閉じます。

葉面肥料の究極ガイド

葉面施肥で植物の成長を最大限に高める:利点、施用テクニック、最適な栄養素吸収のためのベストプラクティスに関するガイド。

植物は土壌からよりも葉からより早く栄養を吸収します。特定の状況(土壌肥沃度が低い)では、植物が土壌から栄養素を容易に吸収できない場合、農家は葉の表面に肥料を散布することに頼ります。このプロセスはと呼ばれます 葉面施肥.

葉面施肥の主な目的は、栄養プロファイルのバランスをとり、植物が全体的な成長に必要な必須栄養素を摂取できるようにすることです。このタイプの施肥を使用すると、場合によっては収量の向上につながる可能性があります。

この記事では、葉面肥料のプロセスと利点から実行可能な施用技術まで、葉面肥料に関するすべてについて説明します。 

葉面肥料はどのように作用するのでしょうか?

葉の構造を知ると、葉面肥料の作用メカニズムがよりよく理解できます。 

葉全体は表皮層に囲まれており、植物と外部環境の間の障壁として機能します。主に外部から水分や栄養素を吸収し、水分の損失を防ぎます。水とガスを調節する表皮の小さな開口部は、葉の栄養が中心部に到達するのを助けます。

肥料が葉の表面に適用されると、気孔は半透性の通路として機能します。葉の表面にあるこれらの開口部を通じて、多量栄養素は植物の維管束系に吸収されます。

そして、ここに運ばれたこれらの主要栄養素は、植物の成長を助ける光合成など、植物の成長に関連するさまざまな目的に利用されます。

葉面肥料の利点

葉面給餌や散布を適切に使用すると、いくつかの利点があります。その一部を次に示します。

害虫耐性の向上 

などの必須栄養素を素早く正確に摂取できます。 NPK、ホウ素、ケイ素を摂取すると、フィトアレキシンなどの防御関連化合物の生成が増加します。適切な方法で防御機構を活性化することで、植物が特定の刺激への曝露に反応するよう準備します。

さらに、細胞壁を強化して害虫の摂食を防ぎます。場合によっては、害虫を捕食する有益な微生物の成長を促進することさえあります。 

栄養素の摂取量の改善

栄養素の摂取量の改善

吸収は表面レベルで起こるため、液体は植物に容易に浸透します。また、経路が簡単なため、土壌関連の問題は簡単に解消され、花全体の成長がサポートされます。 

たとえば、 窒素(N) ブーストは植物の伸長を助けるオーキシン制御を開始します。葉面散布 K(リン) 植物内の膨圧が適切に維持され、適切な成長が保証されます。

土壌施肥への依存度の低減

葉面散布により、土壌よりも栄養素の移動性が大幅に増加します。したがって、この種の施肥は、 土壌施肥、従来の施肥方法への依存が大幅に軽減されます。

これは、水の滞留などの状況が頻繁に発生する農業環境にとっては優れたソリューションとなる可能性があります。

収量向上の可能性

肥料に含まれる生物刺激物質は、成長期または結実期に植物に必要なホルモン信号を与えます。これは、特に品質の点で、歩留まりの向上につながる可能性があります。

上記に加えて、成長刺激剤は干ばつや猛暑時の植物のストレスを軽減するのにも役立ちます。結局のところ、植物が環境ストレスに耐えることができれば、食感、風味、硬さがより優れた果実が生育する可能性が高くなります。 

葉面肥料の種類

葉面肥料の用途と組成に基づいて、それらはさまざまな種類に分類できます。それらのいくつかを 1 つずつ見てみましょう。

有機葉面肥料 

有機葉面肥料 海藻や魚のエマルジョンから作られています。このような肥料には豊富な成分が含まれています アミノ酸 そして成長ホルモン。したがって、それらは特に根の発達をサポートし、ストレス耐性を高めるために使用されます。 

多量栄養素肥料

これらは、制御された組成で窒素、リン、カリウムを含む最も一般的に使用される葉面肥料です。このような種類の肥料は、栄養成長を促進するために使用されます。これらの葉面散布は、亜鉛欠乏症や亜鉛欠乏症などの植物関連の病気の治療に使用されます。 鉄クロロシス.   

微量栄養素肥料 

これらには、Fe (鉄)、Zn (亜鉛)、Cl (塩素)、Mo (モリブデン) などの元素が微量に含まれています。植物は、N、P、K よりも少ない形でそれらを必要とします。これらの葉面散布は、正確な栄養素を必要とする作物の場合により一般的です。 

キレート化葉面肥料

キレート化肥料を葉面に散布すると、マクロ栄養素とミクロ栄養素の両方がリガンドと結合して形成されます。 水安定性化合物。これを適用すると、栄養素を迅速に補正できます。 

上記に加えて、光毒性リスクの可能性を減らすことができます。その用途は、畑作物、果物、野菜、脂肪種子作物まで多岐にわたります。 

葉面肥料はいつ与えるべきですか?

葉面散布には多くの利点がありますが、それでもすべてのケースにおいて完璧な解決策というわけではありません。このような施肥を使用すると良い結果が得られる具体的なケースをいくつか紹介します。 

栄養欠乏時

栄養欠乏症

植物が土壌から必須栄養素を吸収するのに苦労しているこの時期には、葉面散布の方が良いでしょう。 

吸収が速いため、主要栄養素が適切な場所に効果的に輸送され、ストレスや干ばつの改善などの状態からの迅速な回復につながります。 

葉が淡黄色または白に変わったら、それは葉に Fe (鉄) が必要であるというサインです。したがって、アプリケーションを検討することをお勧めします。 

結実前の段階  

成長期の前および成長中は、植物が最も多くの栄養素を必要とする時期です。維管束系に適切な量の N、P、K があれば、植物は光合成などの活動を行うことができます。また、結実段階への準備にもなります。これにより、植物の結実や拡大が促進される可能性もあります。

トマトやベリーの場合、土壌プロファイルで規制されたリンまたはカリウムの増加により、高品質の収量が得られる可能性があります。ただし、結実期の葉面散布は推奨されていないため、結実期の前にのみ行う必要があります。 

涼しい温度 

気温が低い場合、植物の代謝活動は一定の割合で低下します。そんな時は葉面追肥が効果的です。気温が低いと葉面施肥が非常に有利になることに注意してください。 

したがって、寒い地域に住んでいる場合は、これを検討することをお勧めします。ただし、アプリケーションは栽培している作物の種類によって異なることに注意することが重要です。 

特殊な栄養素の要件

特殊な栄養素の要件

柑橘類や柑橘類などのいくつかの作物 トマト、非常に正確な栄養素要件があります。葉面給餌により、肥料を正確に散布することができます。例えば、 柑橘類の木 鉄萎黄病などの症状にかかりやすい。 

この問題に対処するために、土壌に肥料を散布するのに時間がかかり、果物の品質が損なわれる可能性があります。しかし、キレート化鉄を定期的に葉面散布すれば、窮地を救うことができます。 

葉面施肥が必要な植物にはどのようなものがありますか?  

すべての植物が施肥の恩恵を受けるわけではありません。したがって、葉面施肥の恩恵を受ける可能性のある植物を理解する必要があります。表を使ってこれを理解してみましょう。

恩恵を受ける植物 

葉面施肥

通常は恩恵を受けない植物 

葉面施肥

結実する木および低木(柑橘類、リンゴなど)

広大な根系を持つ深く根を張った作物(トウモロコシ、小麦など)

野菜(トマトやピーマンなど)

栄養素の吸収を阻害する厚い、ろう状、または毛深い葉を持つ作物(キャベツ、ケールなど)

顕花植物(バラ、蘭など)

栄養バランスのとれた、よく肥沃な土壌で育つ植物。

屋内観葉植物(イチジク、ピースリリーなど)

水耕栽培された植物は、水溶液を通じて直接栄養分を受け取ります。

コンテナ栽培の植物(鉢植えのハーブなど)

水生植物は主に根を通じて周囲の水から栄養分を吸収します。

特定の種類の植物では葉面散布を厳密に考慮する必要があることに注意することが重要です。 

葉面肥料の与え方は?

葉面散布の場合、2 つの方法が非常に一般的に使用されます。 1 つはホースエンド アプリケーターを使用する方法、もう 1 つはスプレーを使用する方法です。ホースエンド アプリケーターを使用すると液体が均等に分配されないため、 噴霧器を使用する必要があります 葉が適切に覆われていることを確認します。

ここでは、葉面肥料を散布する方法をステップバイステップで説明します。 

  • バックパックやハンドスプレーなどのスプレー機器が清潔であることを確認してください。
  • 葉がきれいかどうかを評価します。破片や汚れがあると、表皮からの肥料の適切な吸収が妨げられる可能性があります。  
  • 噴霧器を調整して、適切な量の肥料が噴霧されるようにします。
  • 葉面肥料をスプレータンクで希釈します。希釈率は肥料の希釈方法に従ってください。
  • 次に、肥料を水とよく混ぜます。 
  • 塗布時に問題を引き起こす可能性のある混合物内の破片、雑草、または固体粒子をすべて取り除きます。 
  • 近くに肥料を必要としない植物がある場合は、ビニールシートで覆いましょう。 
  • 肥料を下から上に向かって葉の各部分を覆うように散布します。葉のすべての面に均等な量の葉の餌が与えられるように、掃き掃除をしてください。 
  • 肥料が葉の表面から滴り始めるまで、溶液を与え続けます。 

モニタリングとフォローアップ

  • 数分後、植物の一部に肥料を与える必要があるかどうかを注意深く観察します。それらの葉に対するアプリケーションをやり直します。 
  • 塗布が完了したら、液体がなくなるまで装置を水で洗います。 
  • 将来使用するために肥料を保存したい場合は、密閉容器に入れて、日光を避けて乾燥した場所に保管してください。
  • 葉の状態をよく確認し、葉が淡黄色や白色になっている場合は肥料濃度を変更してください。 

葉面施肥の際に考慮すべきことは何ですか?

葉面施肥中に考慮すべき追加のヒントを確認してみましょう。 

  • 暑い季節や極端な夏には葉面肥料を与えないでください。葉焼けを引き起こす可能性があります。 
  • 天気を適切にチェックしてください。雨の兆候が予想される場合は、葉面散布を遅らせてください。 
  • 肥料は常にバランスのとれた量を与えてください。葉面肥料を過剰に施用すると、次のような影響が生じる可能性があります。 葉焼け
  • 肥料を散布する際は、圧力レベルが適切であり、小さな液滴のみが生成されることを確認してください。 
  • 最良の結果を得るには、肥料を早朝または午後遅くに散布します。 

葉面摂食をしてはいけない場合は?

葉面施肥の施用テクニックと理想的なシナリオがわかったので、いつ葉面施肥を考慮すべきでないのかを知ることも同様に重要です。次のような症状がある場合は、葉面餌を与えないでください。

敏感な植物 

通常、必要な栄養素は植物ごとに異なります。敏感な植物は多量栄養素と微量栄養素の増加に対処できない可能性があります。施肥が必要な場合は、全体を覆う前に一部の部分で施肥検査を行ってください。 

新苗

新苗

非常に初期の段階では、植物の根系は非常に確立されていません。これは繊細な根系には良くないかもしれません。このような状況で植物に栄養を与えるのは理想的ではありません。苗が成長するまで待つのが賢明です。 

たとえば、次のようにしたい場合は、 トマトの苗に肥料を与える、茎の太さや葉の色などの兆候を探します。 

栄養豊富な土壌

土壌にすでに栄養が豊富に含まれている場合は、葉面散布は必要ありません。場合によっては、栄養素の不均衡を引き起こす可能性さえありますが、他の場合には、塩分の蓄積や成長阻害などの結果につながる可能性があります。 

別れのコメント 

場合によっては、葉面施肥が施肥の優れた選択肢となり得ると結論付けることができます。ただし、土壌肥料に代わるものではありません。これにより、より良い成長、高収量、さらにはより良い品質の作物が得られる可能性があります。唯一の条件は、適切な量の肥料を適切な時期に施用することです。 

葉に肥料を散布するときは、必ず葉全体に均等に施肥されているかどうかを確認してください。これに加えて、受精のプロセスでは上記のベスト プラクティスを常に考慮してください。 

最後になりましたが、栄養過剰のリスクを軽減するために、葉面施肥を選択する前に必ず土壌検査を受けてください。収量を向上させたり、肥料関連のアドバイスを得るには、常に 専門家に相談する その過程であなたを導いてくれる人は誰ですか。 

あなたのための最新の記事

窓の近くで育つブルーベリーは、ブルーベリー植物の肥料ガイドで強調されています

ブルーベリーの肥料ガイド

この総合ガイドでブルーベリーの肥料の与え方を学びましょう。健全な成長と豊かな収穫のための最適な肥料とヒントを見つけましょう。

多数のパイプや設備を備えた硫酸マグネシウム肥料を生産する工場の内部

硫酸マグネシウム肥料メーカー13社

HANS Chem、ICL など、硫酸マグネシウム肥料のトップメーカーをご覧ください。作物の収穫量と土壌の健康を向上させる最適なサプライヤーを見つけましょう。

インドの窒素肥料製造業者を表すクリップボードを調べているカウボーイハットをかぶった男性

インドの窒素肥料メーカートップ11

農業の生産性向上に貢献するインドのトップ窒素肥料メーカーをご紹介します。主要製品と農業分野への貢献について学びましょう。

jaJapanese