検索
この検索ボックスを閉じます。

緩効性肥料と速効性肥料: どちらを選択しますか?

あなたの庭のニーズに最適なオプションを選択するためのガイドを参考に、植物に遅効性肥料と速効性肥料のどちらを選択するかを決定してください。

目次

肥料 植物の栄養となり、成長速度を早めるのに役立ちます。しかし、市場には数多くの肥料が存在しており、どれが最適かを判断するのは簡単ではありません。各肥料には NPK ラベルが付いていますが、そこに書かれた比率と混同されることがよくあります。 

したがって、この記事では、肥料の 2 つの主要なカテゴリ、すなわち、遅効性肥料と速効性肥料について説明します。それぞれの長所と短所、およびその特徴を詳しく調べることができます。 2 つの肥料を定義することから記事を始めましょう。

緩効性肥料とは何ですか?

チューリップの成長-温室-手作り-お祝いの製造

緩効性肥料SRFとしても知られる、植物にゆっくりと栄養素を供給します。これらの肥料の分子構造には、ゆっくりと分解する複数の化合物が含まれているため、栄養素が制御された方法で放出されます。これらの肥料には、保護コーティングに結合したいくつかの微量栄養素に加えて、窒素、リン、カリウムが含まれています。 

時間が経つにつれて、緩効性肥料が植物に長期間栄養素を提供できることがわかります。これらの肥料があれば、何度も肥料を与える手間がかかりません。 

このようなルーチンの利点は、植物が一貫して安定した成長を経験できることです。また、緩効性肥料のおかげで浸出が減少し、土壌構造が強化されます。微生物の活動の増加により、土壌全体が健全になります。

速効性肥料(QRF)とは何ですか?

速効性肥料 または QRF は、植物に必須栄養素を即座に迅速に供給します。科学的に言えば、これらの肥料は次のもので構成されています。 水溶性化合物 土壌水分に素早く溶解することができます。 QRF の一般的な成分には、硝酸アンモニウム、 尿素、 そして 過リン酸塩.  

速効性肥料を 1 回使用すると、成長が加速し、植物の健康状態が改善されることに気づくでしょう。ほとんどの園芸家や農家は、栄養不足に素早く対処し、短期間で結果を得る奇跡の治療法を探しています。 

なぜ緩効性肥料を使用することが良いのでしょうか?

緩効性肥料は多くの点で有利です。

  • それらは植物に継続的に栄養素を供給し、過剰施肥のリスクは比較的低くなります。
  • SRF または遅効性肥料は、QRF に比べて施用量が少なくて済みます。つまり、農場や庭で徐放性のものを使用することで、人件費と材料費を簡単に節約できるということです。
  • 栄養素の流出や浸出のリスクはほとんど無視できるため、環境に優しいです。
  • SRF は微生物の活動を強化し、土壌の長期的な健康上の利点を高めることができます。

なぜ緩効性肥料を使用することが良くないのでしょうか?

ここでは、緩効性肥料のデメリットについて簡単に説明します。

  • SRF は、欠乏を補うために急速に溶解する栄養素を必要とする植物には適していません。
  • SRF を使用すると栄養管理をより細かく制御できるため、通常、即放性の対応物と比較して高価になります。 

なぜ速効性肥料を使用することが良いのでしょうか?

子供たち-水やり-作物-家

速効性肥料をサポートする重要なポイントは次のとおりです。 

  • QRF は植物に迅速な栄養補給を与え、すべての欠乏を即座に治療し、成長の遅れを防ぎます。
  • 塗布の頻度と割合を変更することで、栄養の供給を微調整できます。
  • 流出や浸出がないため、鉢植えやコンテナガーデニングに有益です。
  • QRFは水に容易に溶解し、植物に適用できます。さらに、葉面散布や点滴などのさまざまな灌漑技術にも適しています。

なぜ速効性肥料を使用することが良くないのでしょうか?

速効性肥料のデメリットは以下の通りです。

  • 速効性肥料は栄養素が流出するため、植物に悪影響を及ぼし、過剰肥料の危険性が高まります。 
  • 植物は栄養素をより早く吸収するため、より頻繁に QRF を適用する必要があります。
  • 短期的な栄養への影響とは別に、QRF には水質汚染などの重大な環境上の懸念があります。

正しい選択をする前に考慮すべき要素

2 つのタイプの違いを理解したところで、次は肥料を入手する前に考慮する必要がある要素について読んでみましょう。 

プラントの要件

各植物の栄養パターンは異なります。したがって、肥料を選択する前にそれを考慮する必要があります。同時に、速効性肥料は、できるだけ早く栄養を補給する必要がある植物に最適です。一方、緩効性肥料は一貫した成長をもたらすため、長期的な農業利益が必要な場合に適しています。

農業の目標

特定の種類の肥料を選択する前に、まず農家または庭師としての個人的な目標を定義する必要があります。植物の栄養を正確に管理する、より実践的で柔軟なアプローチを希望する場合は、速効性肥料が適しています。ただし、植物の世話にあまり時間を費やしたくない場合は、緩効性肥料で十分です。

成長段階

若い苗には速効性肥料の恩恵を受けることが多いため、植物の成長段階を考慮してください。植物が定着するには素早い栄養補給が必要ですが、成熟した植物は開花、結実、継続的な成長をサポートするために安定した栄養供給を必要とします。 

環境への懸念

ガーデニングのコンセプトと人間の植栽

肥料 栄養塩が水域に流出し、水質汚染を引き起こす可能性があります。そのため、多くの人は栄養素をゆっくりと放出するように設計された緩効性肥料を使用することを好みます。地下水に浸出する可能性は低くなります。一方、速効性肥料は栄養素が流出するリスクが高く、浸出する可能性があります。それらは栄養効果の持続時間が短く、栄養素の急速な放出を引き起こす可能性があります。 

予算

決定に大きな影響を与える最も重要な要素は予算です。自分の金銭的条件を考慮して、都合に合わせて決定する必要があります。理解を深めていただくために、速効性肥料は予算に優しく、簡単に施用できます。一方、緩効性肥料は高価です。ただし、SRF は栄養を長期間提供することで時間を大幅に節約できるため、QRF よりも優れています。 

別れの言葉!

遅効性肥料と速効性肥料にはそれぞれメリットとデメリットがあります。正しい選択は、あなたの状況と好みによって完全に異なります。即時的な栄養補正と長期的な栄養補給のために、両方のタイプを組み合わせて使用できることに注意することが重要です。 

今すぐサポートを受ける

サポートが必要な場合は、今すぐ HANS にお問い合わせください

あなたのための最新の記事

緑の草と鮮やかな花々が太陽の光を浴び、絵のように美しい自然の風景を作り出しています。

過リン酸石灰とは何か: 庭に過リン酸石灰は必要か

過リン酸石灰が庭の健康を促進し、成長、花、根系を強化する仕組みをご覧ください。リンが枯渇した土壌に最適です。

女性が野菜とリンゴの入ったバスケットを持って、有機肥料を使って作物の収穫量を増やすことの利点を披露している。

収穫量を倍増させる最高の有機肥料

土壌を強化して収穫量を 2 倍にする最適な有機肥料を見つけましょう。持続可能なガーデニングのための堆肥、肥料、骨粉などについて学びましょう。

ボールを口にくわえて楽しそうに草むらを走るゴールデンレトリバー

芝生の肥料はペットに害を及ぼしますか?

安全でペットに優しい製品と実践に関するガイドで、有害な芝生肥料からペットを守る方法を学びましょう。

jaJapanese