検索
この検索ボックスを閉じます。

無機肥料の究極ガイド

無機肥料の種類、利点、施用方法、環境への考慮事項を探る包括的なガイドをご覧ください。

肥料 現代の農業の世界で基本になりつつあるものは、 無機肥料。それらは作物の収量を増やし、食料安全保障を確保する上で重要な役割を果たしていることが証明されています。無機肥料は、研究室で化学プロセスを通じて合成されます。 

これらの肥料は、カリウム、リン、窒素などの重要なミネラルを容易に吸収される形で供給することにより、植物による素早い吸収を実現します。無機肥料の正確な栄養含有量は、その主な利点の 1 つです。これにより、農家は特定の作物の需要を満たすようにアプリケーションをカスタマイズできます。 

無機肥料は大きな作物だけを対象としたものではなく、小さなスペースでも簡単に使用できます。これらのスペースは、芝生や温室などになります。

しかし、その生産と使用によって、長期的な土壌の健全性と環境の持続可能性に関する疑問が生じます。無機肥料に関するこのガイドでは、さまざまなトピックについて触れます。無機肥料の種類、作用機序、長所、短所、重要な役割を探ります。

無機肥料

無機肥料の詳細な定義

無機肥料は合成肥料または化学肥料とも呼ばれます。これらは、植物に必要な重要な栄養素を与えるために工業的方法を使用して生成される化合物です。これらは、基本的な主要栄養素である窒素 (N)、リン (P)、カリウム (K) で植物に栄養を与えます。 

無機肥料はカルシウムなどの二次栄養素も提供します。 マグネシウム、 そして 硫黄。鉄、亜鉛、マンガンなどの微量栄養素もこれらの肥料に一般的に含まれています。 

対照的に、 有機肥料、無機肥料は、正確な量と組み合わせで栄養素を提供するように設計されています。

無機肥料の長所と短所のバランスをとることは、持続可能な農業実践にとって非常に重要です。作物の生産性を最適化できるいくつかの方法を以下に示します。

  1. 統合された栄養素管理アプローチ
  2. 無機肥料と有機改良剤の組み合わせ
  3. 被覆作物
  4. 保全活動

無機肥料の詳細な定義

無機肥料の種類

無機肥料にはさまざまな種類があります。その理由は、これらのそれぞれが植物に特定の栄養素を提供するように設計されているためです。一般的なタイプをいくつか示します。

窒素ベースの肥料

窒素が植物の成長と発育に必要な栄養素であることは誰もが知っています。この要因により、 窒素肥料 現代の農業の重要な部分。 

尿素、硝酸アンモニウム、 硫酸アンモニウム 最も広く使用されている窒素肥料の 3 つです。その効率性と適応性により、広く使用されています。

尿素

窒素含有量が高い

46% は植物にとって強力な窒素源となります。

粒状

取り扱いも塗布も簡単です。

水溶性

局所的にまたは土壌を介して適用して迅速に吸収させることができます。

多用途性

さまざまな作物(果物、野菜、穀物)に適しています。

窒素損失のリスク

特にアルカリ性土壌や高温では揮発を防ぐために慎重な管理が必要です。

硝酸アンモニウム

デュアルアクション

アンモニウムおよび硝酸塩形態で即時および持続的な窒素放出を提供します。

対象を絞った使用

急速な成長反応や高い窒素要求を必要とする作物に最適です。

素早い取り込み

溶解性が高く、根から栄養分を素早く吸収します。

損失の可能性

浸水した土壌での浸出や脱窒による窒素の損失を避けるために、慎重な適用が必要です。

硫酸アンモニウム

二重の栄養源

植物の成長に不可欠な窒素と硫黄の両方を供給します。

特定の作物に最適

硫黄を多く必要とするため、マメ科植物、アブラナ科、エンドウ豆/大豆に最適

窒素損失の低減

湿潤/アルカリ性土壌では尿素に比べて揮発しにくい。

窒素含有量が低い

一部の肥料と比較して、より多くの施用量が必要です。

窒素ベースの肥料の生産にはアンモニア (NH3) が必要です。アンモニアは必要な前駆体であり、一般にハーバー・ボッシュ法で生成されます。ハーバー・ボッシュ プロセスでは、窒素ガス (N2) と水素ガス (H2) を触媒と高温高圧で反応させます。 

広く使われているのは、 窒素肥料 尿素 (CO(NH2)2) 続いて硝酸アンモニウム (NH4NO3) が生成されます。アンモニアは二酸化炭素(CO2)と反応して尿素を生成します。硝酸アンモニウムを形成するには、アンモニアが次のものと反応します。 硝酸(HNO3).

リンベースの肥料

リンを含む肥料は、植物が強い根を張り、開花し、結実するのに不可欠です。 リン酸二アンモニウム (DAP)、リン酸モアンモニウム(MAP)、および 三重過リン酸塩 (TSP) は最も広く使用されているリン肥料の 3 つです。

リン酸二アンモニウム (DAP)

高い水溶性

すぐに利用できる窒素とリンを植物に供給します。

デュアルアプリケーション

土壌と葉の両方への散布に適しており、根や葉に素早く吸収されます。

バランスのとれた栄養素比率

さまざまな成長段階のさまざまな作物に最適です。

栄養素の素早い放出

早急にリンを補給する必要がある作物(初期段階、需要が高い)に最適です。

リン酸モアンモニウム (MAP)

DAPとの類似点

MAPのこの特性はDAPと似ています

高い水溶性

すぐに入手できる窒素とリンを提供します。

デュアルアプリケーション

土壌および葉面散布の両方に適しており、素早く吸収されます。

バランスのとれた栄養素比率

さまざまな成長段階のさまざまな作物に最適です。

独自の利点

高いリン効率

リンを多く必要とする作物に特に適しています。

多用途性

精密農業向けのさまざまな灌漑システムに対応します。

環境負荷の低減

栄養素の流出と浸出を最小限に抑えます。

三重過リン酸塩 (TSP)

DAPやMAPとは異なります 

TSP は他の 2 つのリン酸肥料とは特徴が異なります。

溶解度が低い

長期間にわたってリンの放出が遅くなる

すぐには取り入れられない

即時のリンの必要性にはあまり適していません。

利点

長期的な妊孕性

土壌のリン濃度を長期間維持します。

特定の作物に適した

中/低リンのニーズまたは高い土壌保持力に最適です。

リン系肥料を得るには、 リン酸(H3PO4) 一次前駆体として機能します。この酸は通常、硫酸 (H2SO4) による消化、濾過、精製を含む化学プロセスを通じてリン酸塩岩から得られます。 

過リン酸肥料は植物の成長に不可欠です。これらは、リン酸とリン酸塩岩の反応、またはリン酸塩岩を硫酸で処理することによって作られます。この変換プロセスにより、不溶性のリン酸塩が可溶性の形に変化し、植物の吸収が促進されます。

カリウム系肥料

カリウムを含む肥料 植物の成長を促進し、ストレス耐性を高め、作物の収量の品質を最大化するために必要です。硫酸カリウム、硝酸カリウム、塩化カリウム(カリ酸塩)は重要なカリウム肥料です。

硫酸カリウム

塩化物不使用

塩化物に敏感な作物や高塩化物土壌に最適です。

二重の栄養源

植物の成長に不可欠なカリウムと硫黄の両方を供給します。

硫黄の取り込みの改善

硫黄を必要とする作物にも利益をもたらす

低塩分

塩化物が懸念される塩分土壌またはナトリウム土壌に適しています。

硝酸カリウム

デュアルアクション

すぐに入手できるカリウムと窒素の両方を提供し、最適な成長と収量を実現します。

素早い吸収

溶解性に優れ、根や葉から効率よく吸収されます。

施肥と葉面散布

さまざまな施工方法に幅広く対応します。

バランスのとれた栄養素比率

作物のライフサイクル全体を通じて多様なニーズに適応します。

塩化カリウム(ムリア酸カリ)

長所

広く使われています:

容易に入手でき、費用対効果が高い最も一般的なカリウム肥料。

カリウム含有量が高い:

ほとんどの作物や土壌タイプに適したカリウムの効率的な供給源です。

コスト効率が高い

中程度から高カリウムを必要とする作物に適した費用対効果の高いオプションです。

短所

塩化物の存在

塩化物に敏感な作物(果物、野菜、観賞用)には適していません。

危害を及ぼす可能性

過剰な塩化物は植物の成長や収量の品質に悪影響を与える可能性があります。

全体的な考慮事項

使用する前に作物の塩化物感受性を考慮してください。

カリウム肥料 通常、硫酸カリウムまたは塩化カリウムから得られます。これらの化合物はカリ源から加工されます。

塩化カリウム (KCl) は、地下のカリ鉱山からの採掘または製塩の副産物として得られます。他のカリウム肥料には、硫酸カリウム (K2SO4) や硝酸カリウム (KNO3) があります。これらは、カリウム含有鉱物をそれぞれ硫酸または硝酸と反応させることによって化学的に生成されます。

製品の収率と品質を最大化するには、製造プロセスで反応条件を正確に制御する必要があります。これらの条件には、温度、圧力、触媒が含まれる場合があります。 

肥料は合成された後、さらに加工段階を経ることができます。加工段階では、栄養成分と物理的特性を改善するために混合または顆粒化することができます。

化成肥料

NPK および複合肥料はその例です。 複合肥料。これらは、植物の発育を促進し、作物の収量を最大化するための完全な栄養素パッケージを提供します。それぞれの詳細情報は次のとおりです。

NPK肥料

彼らが何でありますか

窒素(N)、リン(P)、カリウム(K)をさまざまな割合でバランスよく配合。


NPK 比は、各栄養素の割合を示します (例: 10-10-10 = 10% N、10% P、10% K)。

利点

必須栄養素

植物のさまざまな機能のために窒素、リン、カリウムを供給します。

利便性

 1 つのアプリケーションで複数の栄養素を提供できるため、管理が簡素化され、人件費が削減されます。

カスタマイズされた配合

さまざまな作物、土壌条件、成長段階の特定のニーズに対応します。

仕組み

窒素

葉の展開と全体的な成長。

リン

根の発達と開花。

カリウム

果実の品質、耐病性、水分調整。

バラエティ

多様な栽培ニーズに合わせてさまざまな配合でご利用いただけます。

複合肥料

彼らが何でありますか

植物の健康に不可欠な二次栄養素や微量栄養素を含む、NPK を超えたもの。

例:カルシウム、マグネシウム、硫黄、鉄、亜鉛、ホウ素など。

役立つ 

総合的な栄養: 

作物にバランスのとれた食事を確保するとともに、潜在的な栄養素の欠乏に対処します。

健康と品質の向上: 

適切な成長を促進し、ストレスに対する耐性を高めます。

持続可能な実践: 

不均衡を防ぎ、過剰な肥料の使用と環境への悪影響を最小限に抑えます。

利点

カスタマイズされた配合: 

特定の作物のニーズ、土壌条件、地域の習慣に合わせてください。

栄養不足の土壌:

必須要素が不足している土壌に最適です。



集約的な農業: 


需要の高いシステムにおける限られた栄養素の摂取に対処します。

全体的な考慮事項

NPK 肥料よりも幅広い栄養素スペクトルを提供します。

持続可能で生産性の高い農業をサポートします。

無機肥料の施用方法

無機肥料は正しい方法で与えることが大切です。適切な量で使用すれば、最も重要な農業添加物の 1 つとなります。ここでは、無機肥料を正しく与える方法をいくつか紹介します。 

放送

この技術では、肥料を土壌表面に均一に散布します。ブロードキャストは手動で行うことも、機械式スプレッダーを使用することもできます。大規模な農業に適しています。散布後、肥料は灌漑時に土壌に吸収されます。

点滴灌漑システム

肥料は点滴灌漑システムに直接組み込むことができます。このようにして、肥料も水とともに植物の根系に到達します。

この技術は施肥と呼ばれ、流出による肥料の損失を減らします。これにより、正確な栄養管理も保証されます。さらに、施肥により、より少量でより頻繁な投与が可能になります。 水溶性肥料、植物の栄養要件にさらに適合します。

土壌の組み込み

無機肥料を土壌表面に適用した後、耕作または灌漑を使用して土壌を組み込むことができます。揮発や流出による栄養素の損失が軽減されます。耕作や耕耘などの耕耘技術を使用することで、一貫した栄養素の分布が確保されます。

深い配置

根が深く根を張る作物や、栄養素が溶け出しやすい土壌では、肥料を深く植えることが有益な場合があります。肥料ペレットまたはカプセルを土壌表面の下に置きます。これにより、根の領域に近づくようになり、栄養素の損失が最小限に抑えられ、栄養素の摂取効率が向上します。

無機肥料のメリット

無機肥料のメリット

農場や芝生に無機肥料を使用すると、さまざまな利点があります。これらのいくつかを以下に示します。

栄養供給の精度

無機肥料は、植物に重要な栄養素を正確な比率と量で供給します。これにより、農家は特定の作物の需要に最も適した方法で肥料を散布できるようになりました。 

最大の成長、発達、生産量の保証は、無機肥料の使用の結果です。無機肥料は、植物が栄養を効率よく吸収し、吸収されやすい形で与えることで健全な成長を助けます。

栄養素を素早く摂取

無機肥料は植物に栄養素を即座に供給します。みたいではなく 有機肥料、有機物質を分解して栄養素を放出するには微生物の作用が必要です。

特に重要な成長段階では、この素早い吸収により、作物は重要な栄養素を確実に摂取できるようになります。

作物収量の向上

作物の収量が増加する理由の 1 つは、正確な栄養成分と無機肥料がすぐに入手できることです。無機肥料は強力な発育、バイオマス生産量の増加、および収穫量の向上を促進します。 

これらすべては、植物に必要な栄養素を適切な量で提供することによって可能になります。これにより最終的に農業生産高が増加します。

グローバルな可用性

世界中の農家は無機肥料を簡単に入手できます。大規模な製造能力と簡単に入手できる原材料のおかげです。この世界中での入手可能性により、重要な栄養素への信頼できるアクセスが保証されます。有機肥料の生産が困難または不可能な地域であっても。

無機肥料のデメリット

すべての良い点がある一方で、否定できない否定的な点もいくつかあります。ここではそれらを列挙します。

環境への影響

無機肥料が環境に悪影響を及ぼす可能性は、主な懸念の 1 つです。過剰施用または不適切な処理により、水域への栄養塩の流出。このオーバーフローは藻類の発生を悪化させる可能性があります。 富栄養化、そして水生生態系の全体的な衰退。 

さらに、亜酸化窒素は気候変動を加速させる温室効果ガスのひとつです。 窒素ベースの肥料 大気中に放出される可能性があります。

土壌劣化

不適切な土壌管理技術と無機肥料への継続的な依存は、土壌劣化を引き起こす可能性があります。長期間にわたって過剰な肥料を施用すると、土壌の構造や保水能力に損傷を与える可能性があります。 

微生物の生息数を乱し、土壌の肥沃度を低下させるだけではありません。これにより、農業生産量の減少と土壌の健康への長期的な被害が生じる可能性があります。

依存と抵抗

無機肥料を長期間使用すると、外部の栄養素源に依存するようになる可能性があります。結局のところ、これは土壌が本来持っている栄養を供給する能力が低下することを意味します。

さらに、同じ肥料を使い続けると栄養バランスが崩れる可能性があります。また、害虫や雑草に対する抵抗力を高めることもできます。これにより、肥料の散布や代替の害虫管理戦略の必要性が高まります。

それで、無機肥料についての評決はどうなるのでしょうか?

ここまでで、無機肥料の詳細についてはすべて理解できたと思います。それらは、大量の栄養素を迅速かつ便利に提供するのに効率的です。 

彼らは常に植物にとってファーストフードのような役割を果たしています。ただし、過剰に使用すると植物が無気力になる可能性があることに注意してください。脂っこい食事と同じように、周囲の状況も悪化する可能性があります。

最も重要なことは、無機肥料は正しく適用すれば非常に役立つツールになる可能性があることです。土壌をテストし、植物に適した混合物を選択し、指示に従ってください。奇跡的な治療法というよりも、方便として考えてください。

堆肥などの長期的な植物の健康のための有機オプションの組み合わせ。バランスが重要であることを忘れないでください。

に連絡することで、いつでもそのような情報を入手できます。 信頼できる情報源、サポートを求めても大丈夫なので、当社の企業ウェブサイトなど。

あなたのための最新の記事

小麦に窒素を散布する最適な時期を表す、太陽が輝く黄金色の小麦畑

小麦への窒素施肥の最適な時期

小麦の重要な成長段階、つまり冬には茎の伸長と子実の充実、春には分げつと茎の伸長に窒素を施用します。

のんびり散歩したり、アウトドア活動を楽しむのに最適な、公園へと続く小道がある美しい芝生の広場です。

セントオーガスチングラスに肥料を与える時期

セントオーガスティン芝には、3 月から 5 月と 6 月から 8 月にかけて窒素肥料を与えます。2 ~ 3 インチに刈り取り、毎週 1 インチの水をあげます。

中央に木があるトウモロコシ畑 画像は農業の風景を描いています

トウモロコシに1エーカーあたりどのくらいの肥料を与えるか

トウモロコシの 1 エーカーあたりの適切な肥料の量を決定する方法を学びます。栄養素の必要性、土壌検査、および要因を理解します。

jaJapanese