検索
この検索ボックスを閉じます。

濡れた芝生に肥料を施すとどうなるでしょうか?

濡れた芝生に肥料を施すことがなぜ有害であるかを知り、適切な芝生施肥技術のヒントを得ましょう。

肥料 肥料や芝生の種類に応じて、微妙な散布や大規模な散布が必要となるため、扱いが難しいです。この農機具は、作物や芝生に必要な栄養分とエネルギーを供給してきました。

しかし、濡れた芝生にも施肥できるのでしょうか? この質問はよく混乱を招きますが、検討することが大切です。雨季に肥料を与えてもいいと考える人もいれば、そうでない人もいます。また、芝生が濡れているときに施肥する人もいます。

この記事では、肥料とその利点、そして濡れた芝生に肥料を施用できるかどうかについて検討します。

濡れた芝生に肥料を撒く準備をしながら黄色いじょうろを持っている人

芝生肥料とは何ですか?

芝生用肥料 芝生を健康で緑に保つために重要な、必要な栄養素を提供するように配合されています。液体、ペレット、タブレット、顆粒など、さまざまな形で提供されています。 

肥料は、窒素、リン、カリウム、カルシウム、マグネシウム、硫黄、鉄、銅、マンガン、亜鉛、ホウ素、モリブデン、塩素、ナトリウムなどの化学物質で構成されています。 

一般的に、次の 2 つのタイプがあります。

  • 緩効性肥料これらの肥料は、6 週間以内に芝生に栄養を与えるように作られています。
  • 速効性肥料これらの肥料は、わずか数日で芝生に栄養を素早く供給します。

手袋をはめた手で土を持ち、小さなバジルの植物で芝生の肥料とは何かを説明しています

濡れた芝生に肥料を施しても大丈夫ですか?

濡れた芝生に肥料を与えると、庭の手入れに費やした労力と時間が無駄になってしまいます。濡れた芝生はすでに水分で飽和状態になっており、肥料が与えようとしている栄養素を吸収しないからです。

濡れた芝生に肥料を与えることによる影響

濡れた芝生に肥料を与えてはいけない理由は次のとおりです。

不要な栄養補給

芝生がすでに濡れている場合は、事前に水分が浸透しているため、濡れた芝生に肥料を与えても栄養分が吸収されず、水中に栄養分が流出し、水質汚染を引き起こします。

土壌のニーズを理解し、過剰な栄養素は土壌の健康に良くないことを考慮する必要があります。過剰な栄養素は芝生を傷め、環境汚染を引き起こす可能性があります。

吸収不足

芝生が濡れていると、肥料は根が土の中にある目的の場所に届きません。これは、濡れた芝生には肥料が土の中に入り込むのを妨げる力があり、適切な場所から簡単に流れてしまうからです。

吸収が不十分だと、土壌に十分な栄養が行き渡らないだけでなく、施肥に時間とお金が無駄になってしまいます。

火傷の危険

特定の肥料、例えば 水溶性のもの濡れた芝生に散布すると、芝生を完全に燃やしてしまう可能性があります。

したがって、一般的には芝生が乾いている間に施肥を行うことが推奨されます。こうすることで芝生が傷むのではなく、芝生が保護され、芝生に適切な恩恵がもたらされます。

環境への害

濡れた芝生に肥料を施すことは、環境にとっても危険です。芝生が水に浸かっているため、施した肥料は芝生から遠ざかり、水とともに流されてしまいます。 

これは水生環境に影響を与え、水にさらなるダメージを与え、最終的には大気にダメージを与えます。あなたの不注意により、自然環境が破壊され、問題を引き起こすことになります。

葉面肥料のリスク

葉面肥料 葉に直接施す肥料です。芝生に葉面散布肥料を使用すると、環境に悪影響を及ぼします。肥料が濃くなりすぎて、葉の色が損なわれ、枯れてしまいます。

したがって、これらの点を念頭に置いて、濡れた芝生に肥料を与えることは絶対にしないでください。芝生に肥料を与える適切な時期についてさらに勉強しましょう。

葉面施肥のリスクを示すアイコンに囲まれた、芽の生えた土を持つ手

芝生に肥料を与える時期はいつですか?

これまで、濡れた芝生に肥料を与えると芝生が傷むだけでなく、環境にも悪影響を与える可能性があることを学習しました。では、芝生に肥料を与えるのはいつでしょうか? 

芝生に肥料を与えるかどうかは、芝生の種類と住んでいる地域によって大きく異なります。一般的なガイドラインを以下に示します。

冬の草

冬草は、春または秋の冬の季節に活動する草です。秋には適切に多量の肥料を与え、冬季の気温が 12 度前後の春にはごく少量の肥料を与える必要があります。 

冬芝の例としては、ケンタッキーブルーグラス、トールフェスクなどがあります。

夏の草

夏草は、晩春または初秋の夏季に活発に活動する草です。夏季の最高気温が 32 度になる暑熱ストレスに耐える傾向があります。 

夏草の例としては バミューダグラス、シバ芝など

それでは、芝生に肥料を与えるためのベストプラクティスをいくつか見てみましょう。

芝生の肥料のベストプラクティス

芝生を良くするには、適切な時期に適切な方法で肥料を与えることが非常に重要です。芝生に肥料を与えるためのベストプラクティスをいくつか見てみましょう。

施肥前

芝生に肥料を与える前に、以下の点に注意してください。

  • 土壌をチェックする: 土壌の欠陥を知るために、土壌を徹底的にチェックしてください。土壌に何が欠けているか、また、必要な栄養素をどのように土壌に供給できるかを知っておく必要があります。

全体として、芝生に必要のない肥料の購入に費やす時間とお金が節約されます。

  • 適切な肥料を選択する: 土壌検査の結果を確認した後、芝生に適した肥料を選択します。肥料は、窒素、リン、カリウムの 3 つの主要な栄養素で構成されています。 

それらの比率では、芝生の要件のため窒素が最も重要です。

施肥中

芝生に肥料を与えるときは、以下の点に注意してください。

  • 芝生の面積を測る: 芝生に肥料を与えるときは、必ずその面積を測ってください。これにより、芝生全体を覆うのに必要な肥料の総量がわかります。これにより、肥料の無駄が減り、肥料が広がることもありません。
  • 適切な水やり: 肥料を与える 1 ~ 2 日前に芝生にたっぷりと水をやりましょう。芝生が乾いているときに水やりをし、肥料を土壌に浸透させるために芝生に少量の水を加えます。
  • 散布機をしっかり固定してください。適切に設置された散布機は、肥料を正しい方法で散布し、肥料の過剰散布を防ぎます。

施肥中の様子を描いた、じょうろで緑豊かな植物に水をまく人

肥料は、手間と時間をかけずに、芝生の必要な隅々まで行き渡ります。ただ辛抱強くやりましょう。

肥料を与える際に留意すべき重要なヒントと考慮事項をいくつか見てみましょう。 

従うべきヒントと考慮事項

以下は施肥する際に従うべきヒントと考慮事項です。

受精のタイミング

芝生に肥料を与える時期は、重要な役割を果たします。芝生に肥料を与えるには、春や秋などの涼しい季節が最適です。また、雨季は肥料を与えるのに最も適していないため、絶対に避ける必要があることを覚えておいてください。

説明書をよく読んでください

「何事も過剰はよくない」という言葉をよく耳にします。これは施肥に関しても当てはまります。すべての肥料には特定の指示事項があり、施肥プロセスを進める前に常にその指示事項に注意を払う必要があります。

肥料について学ぶ

肥料には様々な施用方法があります。例えば、 粒状肥料 芝生の隅々まで届くように散布機が必要ですが、 液体肥料 適切に希釈するには水が必要です。このような基本的なことに注意する必要があります。

風の強い日はノーと言う

風の強い日は施肥には適していません。この時期は、風が肥料を吹き飛ばし、施肥した場所に影響を与える可能性があります。注意しないと、時間と労力が無駄になってしまいます。

不要なものを掃除する

努力したにもかかわらず、芝生に残った粒子や余分な肥料はほとんどなく、エリア全体に広がることもありません。 顆粒 排水溝に流され、水質汚染を引き起こす可能性があります。 

有機肥料を選ぶ

土壌の健康は植物や作物の栽培にとって重要です。 有機肥料 このアプローチを実現できます。肥料または堆肥は、土壌を維持し、プロセスを正確に実行するための自然な方法です。

スポットを見つける

芝生の特定のエリアには、余分な栄養とエネルギーが必要です。土壌検査やその他の方法を使用してこれらのエリアを調べ、肥料を与えてエネルギーを増強することができます。このようなスポットは、ほぼすべてのエリアに存在します。 

自身を守る

芝生にとって、肥料は安全対策や設備と同様に重要です。畑に肥料を撒く前に、必要な予防措置を講じることを忘れないでください。 

感染や反応から身を守るために、必ず手袋、マスク、目の保護具を着用してください。

結局のところ、土壌や環境の健康と同様に、あなたの健康も重要です。したがって、このような作業を行う際には不注意にならないようにしてください。

結論

結論として、濡れた芝生に肥料を施すのは危険であり、絶対に避けるべきです。労力とお金を無駄にし、環境を汚染する可能性があります。 

あなたの優先事項は、 適切な肥料 適切なタイミングで行動し、環境を保護することがあなたの義務であるべきです。

結局のところ、私たちが環境を守れば、環境も私たちを守ってくれるのです。

あなたのための最新の記事

窓の近くで育つブルーベリーは、ブルーベリー植物の肥料ガイドで強調されています

ブルーベリーの肥料ガイド

この総合ガイドでブルーベリーの肥料の与え方を学びましょう。健全な成長と豊かな収穫のための最適な肥料とヒントを見つけましょう。

多数のパイプや設備を備えた硫酸マグネシウム肥料を生産する工場の内部

硫酸マグネシウム肥料メーカー13社

HANS Chem、ICL など、硫酸マグネシウム肥料のトップメーカーをご覧ください。作物の収穫量と土壌の健康を向上させる最適なサプライヤーを見つけましょう。

インドの窒素肥料製造業者を表すクリップボードを調べているカウボーイハットをかぶった男性

インドの窒素肥料メーカートップ11

農業の生産性向上に貢献するインドのトップ窒素肥料メーカーをご紹介します。主要製品と農業分野への貢献について学びましょう。

jaJapanese