検索
この検索ボックスを閉じます。

植物の成長と肥料における亜鉛の役割

植物の成長における亜鉛の極めて重要な役割と、亜鉛ベースの肥料がどのようにして植物をより健康で豊かに育てることができるかを探ってください。

目次

あなたが農家や庭師であれば、おそらく植物を緑に保つ方法を探しているでしょう。このような結果を達成するために、さまざまな微量栄養素や栄養素が存在します。亜鉛もその一つです 微量栄養素 植物の成長に不可欠な成分で、土壌中に広く存在しています。ただし、より良い結果を得るために、肥料を通じてそれを供給することができます。

亜鉛は、必要量が少ないにもかかわらず、植物のさまざまな生理学的プロセスに不可欠です。亜鉛がなぜ重要なのかの核心を知るために、植物の成長における亜鉛の役割を理解してみましょう。 

亜鉛とは何ですか?

亜鉛 健康な根系の維持に関与する微量栄養素です。核酸 (DNA および RNA) の合成を担う酵素を活性化します。これらは植物内でのエネルギー生産と全体的な代謝の維持に関与します。   

植物の成長における亜鉛の役割

亜鉛が欠乏している植物

亜鉛は、適切な成長を担う多くの基本的な植物機能において重要な役割を果たしています。それは主に内部の葉の伸長と成長ホルモンの生産に役立ちます。 

亜鉛が不足すると、次のような症状が現れる可能性が非常に高くなります。

  • 成長の抑制
  • 一部の葉に茶色の斑点
  • ねじれた葉

土壌には亜鉛が豊富ですが、いくつかの要因が亜鉛の枯渇につながる可能性があります。

  • 土壌中の有機物が少なくなる
  • 土壌のpHレベルが高い
  • 高水位 
  • リン濃度が高い

亜鉛が豊富な土壌は、次のような方法で植物の成長を刺激します。

酵素の活性化

植物が必要とする亜鉛の量は、窒素、リン、カリウムなどの他の主要栄養素よりも少量です。さまざまな酵素の活性化を助けます。 光合成、呼吸、その他のプロセス。これらの酵素は、エネルギー生産と一般的な植物の成長を担当します。

ホルモン調節

亜鉛は、根の発達と分枝を助けるオーキシンなどの植物ホルモンの調節にも関与しています。健康な根系を維持したい場合は、完璧なホルモンバランスが必要です。 

栄養素の摂取

亜鉛が不足すると、植物は鉄やマンガンなどの栄養素を吸収するのに苦労する可能性があります。これは全体的な成長に影響を与える可能性があり、植物が他の必須栄養素を摂取するのを助ける亜鉛が重要であるのはこのためです。

受粉と種子の形成

亜鉛は、植物の花、花粉、種子の発育を助けます。簡単に言えば、受粉が確実に行われるため、植物のライフサイクルの生殖段階に適しています。 

ストレス耐性

注ぐ-粒状肥料-茂み-庭

植物がさまざまな環境ストレスに耐えるために、亜鉛は重要です。植物が干ばつ、高塩分、極端な温度に耐えるのに役立ちます。亜鉛はまた、植物細胞をストレス損傷から保護するための抗酸化物質の合成を助けます。 

植物の亜鉛欠乏を特定する方法

亜鉛は微量栄養素ですが、その欠乏は植物に大きな影響を与える可能性があります。欠陥を特定する方法は次のとおりです。 

  • 通常、亜鉛の欠乏は新しい葉に見られます。亜鉛欠乏症の典型的な症状は、静脈間白化症の形成です。何が起こるかというと、静脈間の組織が黄色に変わります。 
  • 葉の縁に壊死斑点が現れることもあります。 
  • 亜鉛が欠乏すると、新しい葉が短くなり、歪んでしまいます。葉の節間が短くなり、花や枝が少なくなります。 
  • 欠乏は、結実する植物の開花遅延を引き起こす可能性もあります。これは、果実の数と種子の生産量の減少を直接引き起こす可能性があります。
  • よく見ると、亜鉛欠乏により根系が未発達な場合、植物が土壌から水や栄養素を吸収することが困難になることがわかります。

全体として、亜鉛欠乏は植物を脆弱にし、さまざまな病気や害虫の攻撃を受けやすくする可能性があります。 

亜鉛を植物に適用する方法

亜鉛を植物に適用するために使用される最も一般的な方法のいくつかを以下に示します。

土壌施用

直接追加できます 亜鉛肥料 植林段階で土壌に。硫酸亜鉛は、この種の用途における亜鉛肥料の一般的な形態です。顆粒として、または可溶性の形で添加できます。どちらを選択するにしても、土壌表面に均等に散布する必要があります。その他、酸化亜鉛、亜鉛キレート、亜鉛有機肥料などを添加することもできます。  

葉面散布

がある 葉面スプレー 植物の葉に直接適用できる亜鉛肥料。さて、この方法は、植物が重度の亜鉛欠乏の影響に直面している場合に役立ちます。亜鉛キレートまたは可溶性硫酸亜鉛は、葉面散布剤に使用され、葉の表面から吸収され、他の部分に運ばれます。 

吸収を良くするために、気孔が開いている早朝または夕方遅くに葉面散布を行います。高温または晴天の状況では、この方法を使用しないでください。 葉焼け.

種子の処理

この方法を使用すると、若い苗木が最初から適切な亜鉛を確実に供給できるようになります。種子を亜鉛含有製品でコーティングし、事前に強力な根系を確立します。

点滴灌漑

小さな苗木

大規模な農場をお持ちの場合は、点滴灌漑方法が最適です。この方法を使用すると、植物の根域に供給される亜鉛の量を制御できます。ただし、亜鉛が灌漑システムに適合していることを確認することが重要です。 

植物の根域に亜鉛を散布した後は、定期的に監視し、亜鉛散布量を調整する必要があります。これは、過剰または過少の適用を防ぐのに役立ちます。

亜鉛肥料に関するFAQ

亜鉛が好きな植物は何ですか?

亜鉛は、肥料生産のための肥料プログラムで推奨される微量栄養素です。 トウモロコシ、スイートコーン、食用豆。いくつかの研究プロジェクトがこの栄養素の使用に焦点を当てており、以下の情報の多くはその研究結果に基づいています。

亜鉛 – 重要な植物調整剤、 根や植物の成長に不可欠です。ホウ素 – 植物の炭水化物の代謝を調節します。これは新たな成長に不可欠であり、受粉や受精などを助けます。銅 – 植物の酵素を活性化します。
硫酸亜鉛は酸生成特性と豊富な硫黄により、ナトリウム土壌に最適なソリューションです。 初期損失を防ぐために、亜鉛肥料は早めに投与する必要があります。亜鉛が豊富な穀物または種子を得るには、ブーツの葉から開花までの葉面処理が望ましい。

最後の言葉!

亜鉛は微量栄養素です。 水溶性肥料。これは植物の成長に大きな役割を果たしているため、プランテーションの開始時にその欠乏を特定することが重要です。ホルモン調節から栄養素の摂取まで、さまざまな生理学的プロセスに関与していることに注意することが重要です。そのため、植物の最適な健康状態を確保するには、亜鉛欠乏の症状に細心の注意を払う必要があります。作物の収量を最大化するには適切な亜鉛栄養素の管理が重要であるため、これは農業実践に有益です。 

今すぐサポートを受ける

サポートが必要な場合は、今すぐ HANS にお問い合わせください

あなたのための最新の記事

小麦に窒素を散布する最適な時期を表す、太陽が輝く黄金色の小麦畑

小麦への窒素施肥の最適な時期

小麦の重要な成長段階、つまり冬には茎の伸長と子実の充実、春には分げつと茎の伸長に窒素を施用します。

のんびり散歩したり、アウトドア活動を楽しむのに最適な、公園へと続く小道がある美しい芝生の広場です。

セントオーガスチングラスに肥料を与える時期

セントオーガスティン芝には、3 月から 5 月と 6 月から 8 月にかけて窒素肥料を与えます。2 ~ 3 インチの間隔で刈り取り、毎週 1 インチの水をやりましょう。9 月から 11 月にかけては手入れを控えます。

中央に木があるトウモロコシ畑 画像は農業の風景を描いています

トウモロコシに1エーカーあたりどのくらいの肥料を与えるか

トウモロコシの 1 エーカーあたりの適切な肥料の量を決定する方法を学びます。栄養の必要性、土壌検査、土壌の種類、気候、以前の作物などの要因を理解します。

jaJapanese