検索
この検索ボックスを閉じます。

化学肥料の謎を解く: ガイド

化学肥料の用途、利点、影響を明らかにする包括的なガイドで化学肥料の世界を探索してください。

目次

農家が利用してきた 化学肥料 最大の収量を達成するために長い間取り組んできました。しかし、化学肥料の継続的な使用には懸念があり、化学肥料が環境に悪影響を与えることを示唆する理論も数多くあります。したがって、庭や農場でそれらを使用し始める前に、それらに関するすべての情報を入手する必要があります。 

だからこそ、私たちは化学肥料の組成をその種類、利点、欠点などとともに説明する本格的なガイドを用意しました。まずは化学肥料とは何かを理解しましょう。 

化学肥料とは何ですか?

化学肥料は、植物に必須の栄養素を提供するために合成化学物質または無機化学物質で構成されていると教えてくれます。植物の健康を維持するために、これらの化学肥料は窒素、リン、カリウム、その他の微量栄養素を十分な品質で定期的に供給します。それらは、植物の成長を自然に助ける長い間失われた土壌栄養素を復活させるのに役立ちます。さまざまな散布方法を使用して、土壌や植物に直接散布することができます。 

化学肥料の歴史

化学肥料の歴史

農業への人工肥料と化学農薬の導入は 19 世紀に遡ります。一般 過リン酸塩 骨を処理して作られました 硫酸。 その直後、骨に代わってリン酸塩の供給源としてリン酸塩岩が誕生した。 

カリウムは 1861 年にドイツで生まれ、第一次世界大戦中に北米に到達しました。ニューメキシコの鉱床により、1931 年に生産が拡大しました。しかし、最新のカリ肥料は化学肥料よりも有機肥料です。 

最初の窒素肥料は 1903 年に硝酸から作られました。しかし、1913 年以降、多くの新しい 窒素肥料 合成アンモニアが入手可能になったため作られました。当時、これらの化学肥料の品質はそれほど良くありませんでした。そのため、製造される肥料の効率を高めるために TVA が設立されました。 

化学肥料の成分

肥料の化学組成は、それが作物に適しているかどうかを判断するのに役立ちます。 

主なコンポーネントは次のとおりです。 

窒素(N)

葉、蒸気の成長、植物全体の活力に不可欠です。これはクロロフィルの重要な成分であり、光合成を助けます。これはタンパク質の合成にも役立ちます。尿素、硝酸アンモニウム、硫酸アンモニウムの形で入手できます。

リン(P)

この要素は植物の根の発達、花、果実にとって重要です。植物内のエネルギー伝達を助け、種子の形成に貢献します。 リン 過リン酸塩や三重過リン酸塩など、さまざまな形で存在します。 

カリウム(K)

植物を病気から防ぐための補助をお探しの場合は、 カリウム 良い要素です。病気に強く、水分調節や酵素活性化などのさまざまな心理的プロセスに役立ちます。それは塩化カリウムと硫酸カリウムの形で見つかります。

二次栄養素と微量栄養素は次のとおりです。

とは別に NPK要素, 化学肥料にはさまざまな二次栄養素や微量栄養素が含まれています。 

二次栄養素

カルシウム(Ca)、マグネシウム(Mg)、硫黄(S)は植物の代謝機能をサポートしており、主要栄養素と同じくらい重要です。

微量栄養素

鉄、銅、亜鉛、マンガン、ホウ素とリストは続きます。植物がこれらの栄養素を使用する量は少なくなります。これらは酵素活性と植物全体の健康にとって重要です。

配合とバリエーション

植物のニーズと成長段階に合わせてカスタマイズされたさまざまな形式と種類の肥料を見つけることができます。

粒状

顆粒状は、植物に緩効性肥料が必要な場合に適用されます。したがって、このプロセスには顆粒がゆっくりと分解され、植物に長期間にわたって栄養素が供給されます。

液体状

液体化成肥料 植物に必須栄養素を根域から直接直接供給するのに最適です。植物は液体肥料を他の形態に比べて素早く吸収できます。

可溶性結晶

可溶性結晶肥料は水に素早く溶け、土壌と葉面の両方の給餌用途に最も効果的です。 

化学肥料の種類

化学肥料の種類

化学肥料の種類は以下の通りです。

窒素肥料

多くの植物が好む 硝酸塩肥料 窒素が硝酸塩の形で含まれているからです。これらの肥料は、空気中の窒素と天然メタンからの水素を利用して作られます。これらの原料は高圧および高温下でよく混合されます。形成される化合物はアンモニア(NH3)と呼ばれます。これは単なる中間生成物であり、その後酸化されて硝酸が放出されます。これにより最終的に硝酸アンモニウムが生成され、その後、硝酸アンモニウムが二酸化炭素と混合されて尿素が生成されます。 

リン酸肥料

このグループの化学肥料は、リン鉱石からリン酸塩を供給します。を作るプロセス リン酸肥料 多くの種類に分かれています。まず、リン酸塩濃縮物を硫酸で処理すると、単一の過リン酸塩またはリン酸が得られます。その後、アンモニアとよく混合してリン酸一アンモニウムまたはリン酸二アンモニウムを作ります。 

カリウム肥料

これらの肥料は、炭酸カリウムとカリウム塩の混合物であるカリから作られています。このプロセスにはカリを濃縮することが含まれます。それを化学的に処理して塩化カリウム溶液とします。ここでカリのムリ酸塩が得られ、硫酸と混合するとカリの硫酸塩が得られます。 

化成肥料

さまざまな比率で必須要素のブレンドを選択することもできます。この組み合わせには、特定の作物の成長段階に適した窒素、リン、カリウムが含まれています。これらの複合肥料は、単一の製品で複数の栄養素を提供することにより、施用プロセスを簡素化します。他の必須微量栄養素も含まれており、包括的なパッケージとなります。

緩効性肥料と徐放性肥料

これらの化学肥料の種類にはポリマーでコーティングされた栄養素が含まれており、土壌にゆっくりと放出されます。これにより、浸出が減少し、栄養素の供給が最適化されます。主な利点は、それらが制御された方法で利用可能であり、植物に持続的に栄養を供給できることです。

化学肥料の仕組み

化学肥料のメカニズムを詳しく調べてみましょう。

植物による吸収

すぐに 化学肥料粒状、液体、または結晶の形で土壌中の水と接触すると、栄養素が放出されます。栄養素は溶解すると、イオン交換と呼ばれるプロセスを通じて植物の根が吸収できるようになります。このプロセスは根毛と細胞を介して起こります。能動輸送メカニズムには、栄養素が濃度勾配に逆らって移動するエネルギーの膨張が含まれます。

栄養素が異なれば、メカニズムも異なることは明らかです。たとえば、硝酸塩化学肥料は土壌に容易に移行し、植物はすぐに吸収します。一方、リンの吸収を高めるには、ある程度の助けが必要です。  

土壌相互作用

申請するとき 化学肥料、それらは土壌粒子と相互作用し、栄養素の移動性と利用可能性に影響を与えます。これには、pH、土壌の質感、有機物の含有量など、多くの要因が関係します。たとえば、土壌の pH レベルは栄養素の溶解度に影響を与える可能性があります。 

浸出と流出

化成肥料の与えすぎは浸出の原因になりますので注意してください。さて、栄養素が洗い流されたり、土壌深くに浸透したりすると、地下水を汚染する可能性があります。雨季に追加の散布と流出があった場合、水域に容易に到達する可能性があります。これにより汚染が発生し、有害な藻類が発生する可能性があります。 

化学肥料の使用

肥料は主に次の目的で使用されます。

  • 作物に足りない栄養素を補う
  • 植物の収量を最大化する
  • 土壌の肥沃度と質感を改善する
  • 肥料を素早く供給し、目標を絞って施用します。

化学肥料を使用するメリット

化学肥料 植物が成長し繁栄するために必要な必須栄養素を提供することで土壌を変えることができます。  

生産性の向上

化学肥料は、栽培に使用される空間の品質を向上させるために製造されています。これは、それらに含まれる微量栄養素によって起こります。それらはより多くの収量を促進し、植物の完全な発育を助けることができます。

土壌調整

化学肥料で土壌の酸性度を調整することができます。これらの肥料を適切に使用すると、次の生産サイクルに向けて土壌の肥沃度を維持できます。 

作物問題の解決策

作物が窒素欠乏など、要素の 1 つに問題を抱えている場合があります。これは葉面処理を行うことで解決できます。これにより、植物の健康が向上し、あらゆる段階で健康を維持できます。 

化学肥料を使用する危険性

化学肥料を使用する危険性

化学肥料を過剰に使用すると、以下のような問題が発生する可能性があります。

環境問題

化学肥料の製造に使用される化学物質のほとんどは、温室効果に寄与します。また、それらは土壌の奥深くに浸透し、地下水の水質にダメージを与えます。 NPK の使用量を減らしなければ、環境にダメージを与えることになります。

身体的な問題

化学的に生産された作物は、本来あるべきほど健康的ではないし、栄養も豊富ではありません。この背後にある理由は次のとおりです 化学肥料 健全な成長よりも迅速な成長に重点を置きます。だからこそ作物には栄養価があるのです。 

最後の言葉!

上記の記事を要約すると、以下について十分な情報をお持ちだと思います。 化学肥料。したがって、このガイドの上記の情報に従って、これらを合法的に使用することができます。今すぐ農業の旅を始めましょう!

今すぐサポートを受ける

サポートが必要な場合は、今すぐ HANS にお問い合わせください

あなたのための最新の記事

微量栄養素肥料の究極ガイド

微量栄養素肥料の究極ガイド

植物の最適な健康と成長のための微量栄養素肥料、その役割、欠乏の兆候、施用方法に関する重要なガイドをご覧ください。

カリ肥料の究極ガイド

カリ肥料の究極ガイド

カリ肥料の種類、施用方法、作物が健康に育つタイミングなど、植物の最適な成長に役立つカリ肥料の利点を学びましょう。

窒素肥料の究極ガイド

窒素肥料の究極ガイド

窒素肥料の重要性、種類、適用方法、植物をより健康にするための欠乏症への対処方法など、窒素肥料に関する重要なガイドをご覧ください。

jaJapanese