検索
この検索ボックスを閉じます。

カリ肥料の究極ガイド

カリ肥料の種類、施用方法、作物が健康に育つタイミングなど、植物の最適な成長に役立つカリ肥料の利点を学びましょう。
» ブログ » <a href="https://www.hans-chem.com/ja/カリ肥料への究極のガイド/" title="カリ肥料の究極ガイド">カリ肥料の究極ガイド

トマト、バナナ、ジャガイモ、キャベツ、米、綿、ヒマワリなどは、完全な成長と発達のために適切な量のカリ肥料を必要とします。このような優れた成長結果を得るために、多くの農家が日常の農業にカリ肥料を使用しているのはそのためです。

これを使用すると、土壌の健全性の向上、開発の促進など、さまざまな利点が得られます。しかし、旬の農作物を最高の状態で収穫するには、適切な時期にカリ肥料を施す必要があります。

カリ肥料についてさらに詳しく知りたい場合は、読み続けてください。その種類、植物の成長における重要性、欠乏の特定要因、全体的な利点、適用方法などについて説明します。先に進む前に、その定義から始めましょう。

カリ肥料とは何ですか?

カリ肥料とは

まず、カリ肥料には可溶性の形でカリウムが含まれていることを知っておく必要があります。この栄養素は、植物の発育と完全な成長に必要な主要な 3 つの栄養素の 1 つです。土壌中で利用可能なカリウムの健康的なレベルは 40 ~ 80 ppm の範囲です。

レベルが高い場合は、肥料を追加する必要はありません。ただし、40ppmを下回る場合は手動でカリ肥料を追加する必要があります。このために、利用可能なさまざまな種類のカリ肥料について説明します。

カリ肥料の種類

カリ肥料をその組成、供給源、放出特性に基づいて分類します。さまざまなタイプを次に示します。

無機カリ肥料

これらは、植物が無機の形でカリウムを摂取できる化学的に作られたカリウム肥料です。一般的な無機カリ肥料は次のとおりです。

  • 塩化カリウム (KCL): これにはカリウムが多く含まれています。
  • 硫酸カリウム (K2SO4): これはカリウムと硫黄の両方を与えます。
  • 硝酸カリウム (KNO3):カリウムと窒素の両方を必要とする作物に使用できます。

有機カリ肥料

天然由来の肥料が欲しいなら 有機肥料 大丈夫です。植物や動物の死骸から作ることができます。これらはカリウムを土壌にゆっくりと放出し、時間の経過とともに土壌構造の改善に役立ちます。いくつかの例は次のとおりです。

  • 肥料(鶏糞):豊富な有機物からできており、分解するとゆっくりとカリウムが放出されます。
  • 堆肥:有機物を分解して作ることができ、徐放性のカリウム源が出来上がります。
  • 海藻エキス:海藻由来でカリウムと有機物をたっぷり補給できます。

緩効性カリ肥料

緩効性カリ肥料

カリウムを土壌に徐々に放出するには、緩効性カリウム肥料を選択してください。これにより、浸出のリスクも軽減できます。 SRF の例は次のとおりです。

  • ポリマーコーティングされた肥料: ここでは、カリウムがポリマーコーティングで覆われており、時間の経過とともにゆっくりと放出されます。
  • 硫黄被覆尿素 (SCU): 尿素顆粒を硫黄被覆尿素でコーティングできます。 硫黄 窒素とともにカリウムの放出を制御します。 

速効性カリ肥料

同様に、カリウムをすぐに植物に供給したい場合は、速効性のカリウム肥料を選択する必要があります。この肥料は、急性欠乏症の修復に役立ちます。基本的な例は次のとおりです。

  • 可溶性カリ:土壌にすぐに溶けるので、植物はカリウムを容易に吸収します。
  • 硝酸カリウム (KNO3): ここでは、窒素とカリウムの両方を迅速に与えることができます。

カリ肥料の化学組成

利用可能なカリ肥料の化学組成は主に 3 種類あります。すなわち、塩化カリウム (KCl)、 硫酸カリウム(K2SO4)、硝酸カリウム(KNO3)。それぞれのタイプを詳しく見てみましょう。

カリ肥料の種類

化学式

カリウム含有量

一般的な用途

塩化カリウム

KCL

60~63%

この肥料は、さまざまな作物の農業実践に一般的に使用されます。

硫酸カリウム

K2SO4

50~52%

塩化物に敏感な作物にも使用できます。これは園芸でより多く使用されます。

硝酸カリウム

KNO3

44~46 %

この肥料はカリウムと窒素の両方を与えます。高価値作物、温室生産、特殊作物などにご利用いただけます。

NPK比とカリ含有量との関係

NPK 比では、カリウムは K を表し、N は窒素、P はリンを表します。カリウム肥料のパックを購入する場合は、10:10:10 と表示されます。 10%窒素、10%リン、10%カリウムと読み取れます。 

作物のカリウム欠乏に対処している場合は、より多くのカリウムを含む NPK 肥料を購入してください。 比率におけるカリウムレベル 1:1:2の。一方、KNO3 肥料が必要な場合は、2:1:2 の肥料バッグを探してください。  

植物の成長におけるカリウム肥料の役割

カリウムは土壌中で自由イオンとして自由に動き回ることで植物の健康を保ちます。植物の成長を助ける働きをご紹介します。

光合成

カリウムは気孔の開閉を助け、最終的には気孔の交換を助けることができます。 光合成。また、植物内のエネルギー伝達にも役立ちます。

pHの調節

カリウムイオンは細胞と土壌のpHを調整するのに役立ちます。適切な栄養素の利用可能性と摂取のために適切な pH レベルを維持するのに役立ちます。

果物と種子の開発

カリウムは、果物の大きさ、品質、糖度などに影響を与えるため、果物や種子の発育に重要です。適切な収量を望み、市場性の高い農作物が必要な場合は、カリウム肥料を入手してください。

浸透圧調節

浸透圧調節

植物は細胞の拡大と剛性のために適切な細胞膨圧を必要としますが、これはカリウム肥料のおかげで可能になります。したがって、植物の水分摂取量を調整し、適切な浸透圧バランスを維持し、細胞機能を良好に機能させたい場合は、今すぐカリウム肥料を購入してください。

栄養摂取

作物には他の栄養素も必要ですが、カリウムはそれを実現します。カリウムの助けにより、作物は窒素やリンなどの他の栄養素を十分に吸収できます。最終的に、カリウムは植物内のそれらの輸送をサポートします。

植物にカリが欠乏するとどうなりますか?

さて、土壌中に十分なカリウムがなく、手動で肥料を加えるのを忘れた場合はどうなるでしょうか?その場合、欠乏により次のような症状が引き起こされる可能性があります。

  • 若い組織の成長が阻害されると、植物の背丈が低くなる可能性があります。
  • 葉脈の間の葉が黄色くなる黄化症。
  • 葉の縁が茶色くなり、葉が丸まってしまいます。
  • 栄養摂取のバランスが崩れる。
  • ストレスと干ばつ、塩分、気温などの影響を受けやすい

カリ肥料を使用する利点

不足を避けるために、適切な量を追加してください カリウム肥料、そしてそれは:

  • 光合成プロセスを強化する
  • エネルギー生産と植物全体の成長を増加させます
  • 植物内の他の栄養素の移動を改善します。
  • 病気を寄せ付けない、より強力な細胞壁の発達を助けます。
  • 気孔の開閉を制御することで水分ストレスを軽減します。
  • より良い果実の発育と種子の品質を提供します
  • 水分と栄養素の使用バランスを整える

カリ肥料の与え方

作物にカリ肥料を使用する利点がわかったので、今度は施肥方法を学びます。

  • まず第一に、カリウム欠乏の土壌検査を行う必要があります。このステップを実行して、カリウム欠乏症の適応症が正しいかどうかを確認することが重要です。
  • 作物によって必要なカリウムの量が異なることは誰もが知っています。したがって、栽培している特定の作物にのみ適用してください。カリウムの塩酸塩またはカリウムの硫酸塩のいずれかを摂取できます。 
  • 栄養のバランスを整え、植物の健康を改善するために、カリウム肥料と他の栄養素を必ず混合してください。

カリ肥料を施すのに適した時期はいつですか?

カリ肥料を施すのに適した時期はいつですか

カリ肥料を適用する適切な時期は、作物の特定のニーズと土壌の状態によって完全に異なります。ただし、植物の成長の重要な段階でカリ肥料を適用する必要があります。 

一部の植物は、果物、種子、塊茎が発育する生殖段階でもそれを必要とする場合があります。したがって、開花期の前または開花期に適用できます。ただし、手順を開始する前に土壌検査を行っていることを確認してください。

また、作物の成長サイクルや気候条件を確認し、適切な時期にカリを施用してください。はい、最初のラウンド後に調整が必要な場合に備えて、定期的なモニタリングが重要です。 

注意事項と考慮事項

カリ肥料を施す際には注意点がいくつかあります。

  • 土壌検査を行う前に決して開始しないでください。土壌の種類や作物の状態に基づいて散布プロセスを調整するのに役立ちます。
  • 使用する肥料の量には十分注意してください。栄養バランスが崩れると植物の生育に悪影響を及ぼす可能性があります。
  • 肥料は適切な時期に施用してください。そうしないと、作物に利益をもたらすよりも損害が大きくなる可能性があります。
  • 特定の栄養素の過剰施用を避け、各肥料の適切な割合を維持してください。
  • pHレベルを監視し、必要に応じて肥料の量を調整します。
  • 肥料が種子に直接触れないようにしてください。発芽率が低下する可能性があります。

結論

以上でカリ肥料についての徹底解説を終わります。手作業でカリ肥料を追加する基本的な目的は、土壌中に不足しているカリウムを固定することです。適切なタイミングで追加し、不要な間違いを避けるようにしてください。ただし、まだ疑問がある場合は、正しいものを選択してください 肥料メーカー あなたの作物のために。

あなたのための最新の記事

さまざまな低木や植物が植えられた多様性のある庭園

樹木や低木に最適な肥料

環境への影響を最小限に抑えながら土壌の健康と作物の品質を高める有機肥料に焦点を当て、樹木や低木に最適な肥料を探ります。

土の入った容器と手袋を持った人 有機肥料生産者トップ10

有機肥料生産者トップ10

2024 年のトップ有機肥料生産者をご紹介します。歴史、製品、イノベーションについて学び、ニーズに最適な持続可能なソリューションを選択してください。

黄色のアミノ酸肥料を加工する工場の2人の作業員

米国のトップ 15 アミノ酸肥料メーカー

HANS Chem、Aminocore など、米国のトップ 15 のアミノ酸肥料メーカーを調べて、作物の成長、収穫量、持続可能性を高めましょう。

jaJapanese